Googleウェブマスターツールに登録してみた

ブログのSEOに関して手を入れてみましたので、今日はその話題を。

以前の記事でブログ移転後の検索エンジン対策をしていました。

ワードプレス同士のブログ移転をやってみた①
ワードプレス同士のブログ移転をやってみた②
ワードプレス同士のブログ移転をやってみた③

この対策の成果がようやく出ました。
Googleで当ブログを検索してみると、移転元ブログが表示されず、移転先ブログのみが表示されるようになっていました。ヤッター!

しかし移転対策は良いのですが、検索結果に記事が表示されません。
「未分類」や「ゲーム開発」のようなカテゴリー一覧は表示されているのですが、各ページが表示されていないのです。

例えば「ウィザードリィ IT生活しよう」という検索ワードで検索してみると、ゲーム開発に関する過去記事がヒットするだろうと予想していたのですが、それがヒットしない。

どうやら当ブログの構造が、検索エンジンに正しく認識されていないようです。

ブログの構造とは

ブログの構造というのは、このアドレスがブログのトップページですよ、このアドレスがブログの記事ですよ、このアドレスとこのアドレスはリンクしていますよ、というような情報です。

人間は視力をもってブログの構造を理解しますが、検索エンジンには目がありませんので、独自のプログラムでアドレスを辿って構造を把握しています。多分。

おそらく当ブログの構造が認識されていない問題も、時間が経過すれば検索エンジンが勝手に調査して把握してくれるだろうと予想します。

時間の問題…とは思うのですが、私は今回初めてワードプレスでブログを運営しているものですから、もしかしたらワードプレスの設定に問題があるんじゃないかなーと心配になってきたんですね。

ですので色々と設定を調べたところ、特に設定漏れはなさそうなんですが、プラグインを使えば簡単にGoogleへブログ構造データを知らせる事ができると分かりました。

この辺の設定はITエンジニア時代に経験済みです。
Googleウェブマスターツールを利用することになります。

Googleウェブマスターツールとは

検索エンジン大手のGoogle社では、Googleウェブマスターツールというサイト管理機能を提供しています。

この管理機能に自分のウェブサイトを登録すると、サイトの詳細なアクセス情報を分析できたり、検索エンジンでの表示情報を設定できたりするのです。

このGoogleウェブマスターツールに対して、サイトの構造を記述したデータファイルを登録っすると、ただちに検索エンジンがサイトの構造を把握するので、短期間で検索結果を改善することができるのです。

ここで使用する「サイト構造を記述したデータファイル」は、サイトを更新するたびにファイル内容も更新しなければなりません。

ですのでサイトを頻繁に更新するブログ運営においては、ウェブマスターツールにデータファイルを登録する方法は不適当だと考えておりました。

しかしワードプレスには、記事の更新にあわせて構造データファイルも自動更新してくれるプラグインがあるらしいのです。さっそく導入してみました。

Googleウェブマスターツールに登録

まずはGoogleウェブマスターツールに当ブログを登録します。
細かい手順は省略しますが、登録に必要な情報は以下の通りです。
事前に準備しておきましょう。

  • Googleアカウント
  • 対象ブログのURL
  • 対象ブログのFTPアカウント
    (ファイルをアップロードします)

以下のリンクからログインします。

Googleウェブマスターツール

ログインすると以下のような画面が表示されます。
「Search Console へようこそ」と表示されるのでアクセス先を間違えたかな?と思ったりしますが、これはウェブマスターツールのサーチコンソールという画面ですので大丈夫です。

間違えました。
Googleウェブマスターツールは「Google Search Console」に改名したそうです。

ここでブログのURLを入力し、次に対象ブログの管理権限チェックを行います。
登録が完了すると以下の画面が表示されます。

ウェブマスターツールの作業はここで一旦終了して、次はワードプレスにプラグインをインストールします。

Google XML Sitemaps プラグイン

インストールするプラグイン名は「Google XML Sitemaps」です。
以下のアイコンになります。

プラグインをインストールして有効化しましょう。
右メニューの「設定」->「XML Sitemap」で設定画面が表示されます。

設定内容に関しては、私も正しい設定がまだよくわからないので、各自調べてみてください。

ブログの構造データファイルのURLは設定画面上部に表示されますので、これをウェブマスターツールに登録してください。

おおまかな説明になってしまいましたが、以上でGoogle検索エンジンへのブログ構造情報の登録は完了です。

ウェブマスターツールには様々な機能がありますので、他にも必要な設定があったら随時記事を書きますね。

今日は以上です。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

この記事ではコメントを受け付けていません。