ワードプレス同士のブログ移転をやってみた①

数日前にレンタルサーバーを本契約した際、サーバーのデフォルトドメインから、独自ドメインのサーバースペースへとブログを移転しました。

ワードプレスからワードプレスへの移転という形です。

で、この移転設定に対して、本日さらなる設定を加えました。
この一連の作業を紹介してみたいと思います。

.htaccessファイルによる301リダイレクト

無料ブログからワードプレスへの転送設定は色々と問題があるそうですが、ワードプレス同士の転送設定は全く簡単です。

サーバースペースのワードプレスをインストールしたディレクトリに「.htaccess」というファイルがあります。このファイルに以下のような設定を追記してください。

赤枠の設定を追記します。

赤枠の下にあるのはワードプレスのデフォルト設定です。
ワードプレスの設定よりも上に追記してください。

記述内容を簡単に説明します。
かなり適当な説明なので、正確に学びたい方はご注意を。

#設定を開始
<IfModule mod_rewrite.c>

#転送機能を使用
RewriteEngine On

#移転元URLにアクセスがあったら移転先URLへ転送する
RewriteRule ^移転元URL(相対パス) 移転先URL [R=301,L]

#設定を終了
</IfModule>

上記画像と説明を見比べていただければ、なんとなくお分かりいただけると思いますが、基本は「<IfModule mod_rewrite.c> RewriteEngine On」から「</IfModule>」の間に、移転ページ数分の「RewriteRule」を記述していく形となります。

この設定での転送は、301リダイレクトという方法を用いています。

301リダイレクトには「転送先が正しいURL」という意味があります。
つまりGoogleなどの検索エンジンに対して、転送先が正しいURLだと伝えているんですね。

もし301リダイレクトしない場合、検索エンジンは移転元ページと移転先ページを異なるページとして判断します。

異なるページ、つまり、別なサイトの別なページです。
別サイトに同じ内容のページが存在する、と判断してしまうんです。
そう判断されると、どちらかが内容をコピーした不正サイトであると判断され、色々と問題がでてくるようなのです。

この問題の詳細は省略します。
興味のある方は「google 重複コンテンツ」で調べてみてください。

301リダイレクトだけでは不十分?

本ブログでは301リダイレクトの設定を行ってから数日経過しているのですが、Googleの検索結果は依然として移転元URLのままです。

移転元は適当に作っていたので「Just another WordPress site」って出ちゃってますね。
これはワードプレスのデフォルトブログタイトルです。

これっていつ入れ替わってくれるんだろう?
そう思って色々と調べていたら、なんだか転送設定だけでは不十分な気がしてきました。

どうやら転送以外にも移転時に行うべき設定があるらしいのです。

おそらく時間が経過すればGoogle検索結果も入れ替わってくれるのでしょうが、やれる事はやっといた方がいいですよね。

ログイン画面も転送されてしまう!

というわけで数日ぶりに移転元のワードプレスにログインしようと思ったら…

ログインできない!
ログイン画面にアクセスすると移転先に転送される!(^^;

アホか。
しかし初心者にありがちなことらしいので、この対処法も書いときますね。

.htaccessファイルに転送の例外設定を追記します。

RewriteCond %{REQUEST_URI} !^(.*)?wp-login\.php
RewriteCond %{REQUEST_URI} !^(.*)?wp-admin

この設定を「RewriteRule」より上に追記します。
下でもうまくいくかもしれないけど、私は上に追記しました。

.htaccessを更新しても、変更が反映されない場合があります。
そんな時はブラウザの履歴を削除して、ブラウザ再起動しましょう。

ブラウザがsafariの場合はメニューの「履歴」から「履歴を消去」でいけます。

転送以外に行うべき設定

301リダイレクト以外に行うべき設定は、以下の3つ。

  • 「NoIndex」で検索エンジンへの表示を拒否
  • 「NoFollow」で検索エンジンのアクセスを拒否
  • 「Canonical」で検索エンジンに正しいURLを教える

これらの設定を各ページに追記していきます。

もしHTMLファイルを直接編集できるなら、これらの設定はとても簡単に追記できるのですが、ワードプレスはプログラムでHTMLを動的に生成しているので簡単には追記できません。

設定を追記するために最も簡単な方法は、プラグインを導入することです。

ちょっと長くなってきたので続きはまた明日…

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

この記事ではコメントを受け付けていません。