スタードメインの独自ドメインがファイアバードで使えない場合の対処方法

前回の記事の予告どおり、レンタルサーバーで独自ドメイン設定が反映されなかった話を書きます。

同じ状態で困っている方もいらっしゃると思うので、まず一通りの対処方法を書いて、その後に事の経緯を書きますね。

環境と現象について

レンタルサーバーはファイアバード、独自ドメインはスタードメインです。
ヘルプ画面の説明どおりに独自ドメインの設定を行いましたが、3日以上経過しても独自ドメインは反映されませんでした。

対象ドメインにアクセスしても以下のような画面が表示されたままです。

サポートにメールしても返信がありませんでしたので自力で解決しました。

ヘルプ通りに設定する

まず上記の状態に至るまでの設定方法を説明します。
といっても、ここまではヘルプ通りの設定ですので簡単に説明しますね。

以下のヘルプ画面の通りに設定を行います。

http://www.firebird.jp/support/man/domain_add_star.php

リンク切れの可能性を踏まえて簡単に説明すると…

  1. ネットオウルにログイン
  2. 左メニューの「ファイアバード管理」->「サーバーアカウント一覧」
  3. 一覧画面にて対象サーバーの「サーバー管理ツール」
  4. ファイアバードのサーバー管理画面が表示される
  5. 左メニューの「ドメイン」->「ドメイン設定」
  6. 設定画面にて「ドメイン追加」->「スタードメイン管理のドメインを追加する」
  7. 対象ドメインを選択して「ドメイン設定を追加する(確認)」
  8. 確認画面で「確定する」

以上の手順で設定完了です。
完了画面では以下の注意文が表示されるはずです。

私の場合、この文章通りに2日以上待っても設定が反映されませんでした。
同じ問題に直面している方は、以降の設定を行ってみてください。

ドメインのネームサーバーを変更する

ネットオウルの管理画面を表示します。
左メニューの「スタードメイン管理」->「管理ドメイン一覧」を選択してください。

スタードメインで取得した独自ドメインが一覧表示されますので、対象ドメインの「ドメイン管理ツール」を選択してください。

対象ドメインの管理情報が表示されます。
「ネームサーバーの確認・変更」を選択してください。

ネームサーバーの設定情報が表示されます。
ネームサーバー1の設定が「ns1.star-domain.jp」という感じで「star-domain.jp」になっているはずですが、これを「firebird.jp」に修正します。

もしすでに「firebird.jp」に設定されている場合、以降の設定変更を行う必要はありません。
独自ドメインが反映されないのは、時間の問題か、あるいは別の原因があると考えられます。

画面下の「お手軽設定」を選択してください。

選択ダイアログが開きますので「ファイアバード」を選択します。

「設定する」を選択してください。

ネームサーバーの設定が変更されます。
各設定が「star-domain.jp」から「firebird.jp」に変更されていることを確認してください。

対象ドメインの管理情報を再表示してみると、以下のような赤字表記が追加されているはずです。一応確認してみてください。

以上で設定は終了です。
お疲れ様でした。

独自ドメインが適用されたことを確認する

設定完了からしばらく待てば、変更が適用されたことを確認できるはずです。
私の場合は3〜4時間程度で確認できました。

独自ドメインにアクセスすると、以下のような画面が表示されます。

これは独自ドメイン設定時に、サーバーに自動的に作成されるデフォルトページです。
以降はこのドメインのサーバースペースに、ファイルをアップロードするなり、ワードプレスをインストールするなりしていけばよいでしょう。

設定の説明は以上です。
ここからはサーバー設定に関する愚痴…もとい経緯をお話します。

ファイアバード・スタードメインと契約

今回私がファイアバードと契約したのは、サーバー性能の高さと月額料金の安さを兼ね備えていたから…いや、兼ね備えているとネットで情報を得たからです。
実際のサーバーの性能、性能に見あった料金であるかは分かりません。

このファイアバードが先月(2017/01)3週間の無料お試し期間と、初回契約料サービスのキャンペーンをやっておりましたので、実際に使ってみて問題を感じなかったので本契約しました。

サーバー本契約の際、スタードメインから独自ドメインも取得しました。
スタードメインはファイアバードと同じ、ネットオウルという会社のブランドです。

同会社の強みとして初期設定の手軽さ、ポイントによる料金値引きなどの利点があり、またこちらでも値引きキャンペーンをやっておりましたので、サーバーと合わせて契約しました。

ここまでの段階で、私は以下のような先入観を持ってしまいました。

  • レンタルサーバーの設定は簡単
  • 同会社なので独自ドメインの設定も簡単

これが間違いの元でした。

設定後のミスリード

まず最初に念を押しておかなれけばなりません。

ファイアバードの独自ドメイン設定に関するヘルプは、別に間違ったことは書いていません。

それを踏まえた上で、説明不足であると言えます。

この画面の文章!これ!
あたかも「他に設定することはないからおとなしく待っててね」と言わんばかりの文章!

これやめろ

いや、正しいですよ。
利用可能になるまで数時間程度の待ち時間は発生しますよ。実際。

でもそれってネームサーバーの設定が変更されていればの話ですよね。

この文章だとネームサーバーの設定まで自動でやってくれると思っちゃいますよ。
ちゃんと「ネームサーバーの変更も必要です」って書きましょうよ。

私も元IT技術者の端くれですので、サーバー設置やらドメイン移管やらの作業は数回やったことがあります。
ですので今回の件でも、ドメインの転送設定とか必要なのかなーとか、パーミッションの設定が原因なのかなーとか、色々と考えてたんですよ。

考えながら、何日間も何もせず律儀に待っていたんです。
下手に何かするとネットオウル側の作業に支障がでるから。

あと上で書いたとおり「簡単に設定できるだろう」という先入観があったので、この問題に関しても超楽観的に考えていましたね。

サポート仕事しろ

上で色々と書いてますが、真の問題点はコレですね。
独自ドメイン反映せずに3日経過して、さすがにおかしいと思ったんでサポートにメールしました。

返信なし。
1週間以上経過した現在も、未だに返信なし。

ネットオウルでは電話でのサポートを受け付けておりませんので、返信がないともう為す術なしです。この時点で詐欺を疑いました。違ったけど。

解決までのプロセス

問題発生から5日目くらいで返信は来ないと判断し、自力での問題解決に取り掛かりました。
解決の糸口となったのは以下の設定。

この「サーバー管理ツール」って、デフォルトだとテキストリンクなんですよね。
一回設定しちゃうとボタン形式になるんです。

で、このサーバー管理ツールを起動すると、スタードメインのサーバースペースが確保されるんです。どうやらドメイン契約だけでもサーバースペースが付いてくるらしいんですね。

こちらのサーバーにはデータベースが無いのでワードプレスはインストールできなさそうですが、HTMLは設置できます。
昔ながらのホームページを運営するなら、こっちだけでも良さそうですね。

そんなこんなで色々調べていて、ふと独自ドメインにアクセスしてみると、以下の画面が表示されるようになっていました。

これはスタードメインのサーバースペースに自動作成されたデフォルトページです。

ということはつまり、独自ドメインはスタードメインのIPアドレスと結びついているのだなと分かりました。ここからの解決はすぐでしたね。

まとめ
  • ファイアバードの独自ドメイン設定のヘルプは説明不足
  • ネットオウルのサポートは存在しないものと思え

以上。

ネットオウルとは契約したばかりですが、今後なにかしらの問題が発生したら契約続行はしないつもりです。

この記事が同じ問題にぶつかった方のお役に立てば幸いです。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

この記事ではコメントを受け付けていません。