確定申告が来ます

今日はずっと確定申告の準備をしていました。
7割程度は完了していますが、見直すと抜けがあったりと油断できない状況です。

ちなみに経理データは自作のエクセルシートに入力しておりまして、入力さえすれば後は自動で諸々の書類を作成してくれるようになっています。

アプリ製作者としての収入

去年は最初の数カ月だけフリーランスで仕事をしていて、あとは契約社員やバイトの給与収入がほとんどでしたので、事業の売上は実に寂しい金額となっておりました。

アプリ製作者としての活動は、ユーティリティアプリを2本リリースしただけ。
売り上げも数千円程度でしたね。

この金額では、とてもアプリ製作者を公言できません。
「趣味:アプリ制作」の域です(^^;;;

個人事業主を始めるタイミング

私の場合は元々IT業界でフリーランスとして個人事業主を初めており、アプリ制作を主要事業としたのは成り行きの後付けです。

もしこれから真剣にアプリ製作者を志す方がいらっしゃいましたら、私から現実的なアドバイスを。

個人事業主の登録は、まともな収入を得られるようになってからにしましょう。

収入を得られてから登録する形で問題ありません。合法です。
開発着手前に登録する義務はありませんし、収入が少ない場合に無理に登録する必要もありません。

むしろ、ろくに収入もないうちに個人事業主など初めてしまうと、翌年の確定申告のために経理の勉強が必要になってしまい大変です。

とはいえ税金の計算は前年の収入で決定しますので、そこは注意です。

例えば去年リリースしたアプリが結構な収入になったとしましょう。
この場合は去年のうちに個人事業登録して青色申告できるようにしておかないと、今年の税金額が大変なことになります。

逆に私のように、去年リリースしたアプリが大した収入にならなかったら。
この場合は個人事業主登録しなくても、確定申告は白色申告で十分なので、今年の税金額にはほぼ影響ありません。

今日は大した話題もありませんので、短いですがこれまでとします。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

この記事ではコメントを受け付けていません。